• ホーム
  • コンセプト
  • 商品・サービス
  • セミナー
  • 導入事例
  • 会社情報

商品・サービス SERVICE

評価実施力育成プログラム(パフォーマンス・エバリュエーション)|商品・サービス

プログラムの目的

評価実施力育成プログラムでは、評価の3つの目的を学び、模擬評価を実施することによって、適切な評価スキルの習得を目指します。 評価者としての意識を理解し、評価の実施レベルを高めることで、被評価者にとっても納得のできる評価の実施を目指します。

プログラムの概要

人事評価の3つの目的と研修範囲


本プログラムでは評価スキル向上のために、演習等を交えながら実施します。
評価実施の前提となる評価制度の機能を理解した上で、被評価者の納得感を高めるために、評価者としての意識、評価を実施するスキルを学びます。

本プログラムでは根本的な部分となる「評価の仕組み」についての理解を深めます。
人事評価そもそもの目的は何か、本来の意味は何かを改めて考え直すことにより、「評価」に対する理解を深めます。評価制度そのものや運用によって起こりうるエラー等を学び、適切な人事評価の実現を目指します。

また模擬評価(ケーススタディ)を体験することで、評価者に求められる評価スキルとコミュニケーションスキルを習得します。ショートケースやFAQを元にして評価の仕組みを熟考・理解し、改めてその仕組みの基本を理解し、目標管理と行動評価、2つのパターンにおけるスキルをケーススタディにより習得します。

その他、評価基準の統一化や評価スキルの定着化を図ることを目的として、評価シートを活用した模擬評価を行う演習もあります。

プログラム開発の背景

事業の成長のためには、従業員が成果創出に取り組む状態を作り上げることが肝要になりますが、そのためには適切な評価が必要です。評価をする側が設定された基準に則り適切に評価できているか、あるいは、納得感を被評価者に与えられているかが重要になります。評価を適切に行うことで、従業員のモチベーションアップ、ひいては企業の成長を実現していくことができるようになります。

人事評価には、「適正で公正な処遇」「人材の育成」「業務の適正化」の3つの目的があり、それらの理解を深めることが重要です。

「適正で公正な処遇」
: 適切な評価を通じて処遇をすることで従業員の動機づけを図ること
「人材の育成」
: 適切な評価を通じて学習機会を与え、従業員の成長に繋げること
「業務の適正化」
: 適切な評価を通じて目標達成の進捗を管理し、適正な業務が遂行されるように仕向けること

評価実施力育成プログラムでは、これらの目的が達成されるように評価の実務スキル向上を図ります。

評価の納得性を高めるためには、「仕組みで担保する」方法と、「評価者のスキルで担保する」方法があります。企業を運営していく上で仕組みを作り、適切に運用していくことは非常に重要であり、従業員の働く方向性を示すための指針として重要な位置づけにもなります。しかし、従業員側の評価に対する納得性を高めるためには、「仕組みで担保する」だけでは不十分であり、評価者の評価実施スキルの向上も実現する必要があります。

評価する側の意図が被評価者に伝わらなければ、評価の意味がありません。いくら評価基準の通りに結果を示したとしても、それが本人にとって納得を欠くものであれば、その結果を不適切な評価結果と捉えられてしまうだけでなく、結果として不満の材料に繋がる可能性もでてきます。

本プログラムを通して、評価者としてスタート地点に立つための意識、評価制度の仕組みの理解、適切に評価を実施するためのスキルを習得することができます。

期待できる効果

・人事評価の目的および重要性の理解
・評価制度の仕組みの理解
・評価スキルの習得

実施概要 (例)

対象者 評価者
研修日程 1日間
適正人数 15名~20名
実施形態 ワークショップ形式
実施料金 営業担当または弊社研修事務局にお問合わせください

導入事例

株式会社ディアーズ・ブレイン様

マネージャー研修を通じて、企業理念の浸透を図る

詳細はこちら

藤田観光株式会社様

評価者研修内製化を通じてあるべきマネジメントのスキルを習得する

詳細はこちら

経営者の方、人事担当者様、お気軽に一度ご相談下さい。

ネットからのお問合わせはこちら
お問合わせフォーム
お電話はこちら
03-6231-9505 9:00?18:00(土日祝日を除く)

ページの先頭へ