• ホーム
  • コンセプト
  • 商品・サービス
  • セミナー
  • 導入事例
  • 会社情報

商品・サービス SERVICE

論理表現力育成プログラム(ロジカルライティング)|商品・サービス

プログラムの目的

論理表現力育成プログラムでは、論理表現力を構成する「定義づけ」「構造化」「文章化テクニック」を理解し、実践することで、自身の伝えたい考えや情報を相手にわかりやすく論理的に伝えるための手法を習得します。

プログラムの概要

ロジカルライティングに必要な3つの要点

書いた内容が相手に伝わらない原因は、大きく2つに分類することができます。ひとつは、書き手と読み手の理解力(情報の幅と深さ)に差が生まれることです。ふたつ目は、書き手によって文章の構造に差があることです。
この2つの原因を理解した上で、ロジカルライティングを構成する「定義づけ」、「構造化」、「文章化テクニック」の3つのポイントを習得します。

『定義づけ』
情報量や理解力は人それぞれ異なり、同じ言葉で伝えたとしても、伝わる場合と伝わらない場合があります。そのため、まずは情報の定義づけを行った上で、どんな相手にとっても理解できる方法で伝達することが求められます。
『構造化』
書き方や内容に一貫性を持たせることで書き手と読み手の差を解消し、お互いの認識の相違を防ぐことができます。例えば、文体をそろえる、視点を定める、一番伝えたい事項を明確にする、などです。構造化により、わかりやすい一貫性のある論理展開が可能になります。
『文章化テクニック』
文章を書く技術は、人によって差が生じるものです。より簡潔に相手へ伝わる文章を書く技術を高めるには、文章化テクニックを学び、実践により習得する必要があります。本プログラムでは、ビジネスシーンでの活用性が高い文章化テクニックを身に付けます。さらに、報告書を作成するワークも組み込まれており、受講者の理解度や習得度を測定することができます。プログラムを通して学習した内容について、受講者の定着度合を再確認できるため、今後の業務にも活かしやすくなります。

プログラム開発の背景

ビジネスの中ではメールや資料など文章で相手に伝える機会が多くあります。しかし、「文章で伝えたい意図が上手く伝わらない」、「書く内容がまとまらない」、「書き方・表現方法が分からない」など、伝えたいことを文章で正しく伝えられない場面が生じます。
うまく伝わらないのは、論理的な"表現力"に起因します。この問題を解消するために、本プログラムでは、書き手の意図を正しく伝えるための書く力を育成します。

期待できる効果

・書き手と読み手の共通理解の促進
・わかりやすい表現スキルの習得
・論理的な文章構成(構造)の理解

実施概要 (例)

対象者 全階層(全てのビジネスパーソン)
研修日程 1~2日間
適正人数 15~30名
実施形態 ワークショップ形式
実施料金 営業担当または弊社研修事務局にお問合せ下さい

受講者の声

・自分が理解できる文章でも、相手にとっては理解できないということを実感できました。お客様に対してはもちろんのこと社内に向けた文章でも実践していきたいと思います。

・ケースワークを通して、相手の思考順序を把握しながら文章を書くと、伝わりにくさが大きく改善することが分かりました。

・グループワークで他の受講者の方と一緒に考えることで、事実と意見を混同してしまう自身の傾向に気付くことが出来ました。

・これまで自分が書いた文章に対して「何となくわかりにくいから」と感覚的に修正をしていましたが、今後は「なぜわかりにくいか」を理解した上で修正できそうです。

経営者の方、人事担当者様、お気軽に一度ご相談下さい。

ネットからのお問合わせはこちら
お問合わせフォーム
お電話はこちら
03-6231-9505 9:00?18:00(土日祝日を除く)

ページの先頭へ