• ホーム
  • コンセプト
  • 商品・サービス
  • セミナー
  • 導入事例
  • 会社情報

商品・サービス SERVICE

組織牽引力育成プログラム(リーダーシップ)|商品・サービス

リーダーシップは統率力や指導力と呼ばれることがありますが、その本質は人が人に及ぼす影響力、つまり対人影響力のことです。
リーダーシップは地位や権限とは関わりがなく、部下が上司に対してリーダーシップを発揮する場合もあります。しかし、職場の長である管理者はこのリーダーシップを発揮することを会社から求められています。
リーダーシップとは、部下をはじめとするステークホルダー(=利害関係者)を巻き込み、組織目的(目標)の達成に向けてそれぞれを動かすことができる力と言えます。

組織牽引力育成プログラム(リーダーシップ)では、疑似体験と日常の行動の振り返りから、管理者に求められるリーダーシップのあり方について理解し、組織を牽引するスキルの習得を行います。
リーダーとしてどうあるべきか、周囲からの信頼を獲得し、部下を動かすためにはどうすれば良いのかを考えることで、リーダーシップを身に付けて行きます。

組織牽引力育成プログラム(リーダーシップ)の目的

本プログラムの目的は、管理者に求められるリーダーシップのあり方や考え方を習得することです。疑似体験や研修を通し、リーダーとしてメンバーたちを率い、動かすためのスキルを身に付けます。

また、会社のビジョンに対する理解を深めると共に、浸透・定着時に管理者が担うべき役割の認識も同時に深めます。
管理者は「企業の掲げる理念とは何か」「目標をどこに定めているのか」など常に理解しておく必要があります。
理解を深めた上で自分の取るべき行動を熟考することが、リーダーとしてのスキル向上のポイントと言えます。
本プログラムを通じ、部下のタイプに合ったコミュニケーションを実施することで、動機付け方法についても学ぶことができます。

組織牽引力育成プログラム(リーダーシップ)の概要

本プログラムでは、リーダーが担うべき4つの役割( 『旗を立てる機能』 『巻き込む機能』 『啓発を促す機能』 『一貫性のある行動』 )の重要性とポイントについて学びます。

リーダーシップとは

  • 「旗を立てる機能」 とは、目標を明確に示すことで、組織が目指す方向を明らかにすることを指します。
  • 「巻き込む能力」 とは、目標達成に向けての施策をメンバー同士で共有し、モチベーションを高めながら実践に導くことができる能力を指します。
  • 「啓発を促す機能」 とは、目標達成を可能にするための仕掛けづくりや環境整備などを行うことを指します。
  • 「一貫性のある行動」 とは、これら3つを全て統合し、現場を動かすことを指します。
  • これら4つの役割を学びながら、現場に直結したリーダーシップを育成していきます。

組織牽引力育成プログラム(リーダーシップ)で期待できる効果

本プログラムでは、組織におけるリーダーの役割理解・自身のリーダーシップタイプの認識・チームワーク形成のポイントを理解することができます。

組織を牽引するためにリーダーとして取るべき行動は何か、理解しておくべき事項が何かを、研修を通して具体的に学ぶことができます。

また、リーダーシップの取り方にも種類があるため、自身や相手のタイプを見極めた上での部下への対応のバリエーションも身に付きます。

実施概要例

対象者 管理職クラス
研修日程 1~1.5日間
適正人数 15~30名
実施形態 ワークショップ形式
実施料金 営業担当または弊社研修事務局にお問合わせください

ネットからのお問い合わせはこちら

電話番号03-6231-9505 9:00~18:00(土日祝日を除く)

受講者の声

  • 管理者に求められている役割と行動を再認識する事ができました。ありがとうございました。
  • いつも部下に対して「分かってないなぁ」と思っていましたが、今回の研修の疑似体験を通して、分かってないのは自分のせいだと言う事がよく分かりました。
  • 普段部下に対して使っている言葉や言い回しが、部下にどのような影響を与えているのか知る事ができました。

導入事例

株式会社ディアーズ・ブレイン様

マネージャー研修を通じて、企業理念の浸透を図る

詳細はこちら

経営者の方、人事担当者様、お気軽に一度ご相談下さい。

ネットからのお問合わせはこちら
お問合わせフォーム
お電話はこちら
03-6231-9505 9:00?18:00(土日祝日を除く)

ページの先頭へ