• ホーム
  • コンセプト
  • 商品・サービス
  • セミナー
  • 導入事例
  • 会社情報

商品・サービス SERVICE

自己発見力育成プログラム(キャリアデザイン)|商品・サービス

社員が働く上で、個々のキャリアを形成することは重要です。目標を持って働くことで組織の生産効率が高まるだけでなく、社員一人ひとりの将来について、舵取りのきっかけにもなります。また、日々のモチベーションの維持・向上の面でも重要となります。私たちは、「自己発見力育成プログラム(キャリアデザイン)」をご提案し、企業と社員の豊かな将来を描きます。

キャリアビジョンの重要性

様々な人材が存在する組織においては、個々のスキルを最大限に活かせるかどうかが重要です。自分自身の持つ潜在的な価値観や考え方を明確にすることによって、組織内での自分の役割を認識でき、次の行動へ結びつけることができます。
仕事をする際には、将来に向けたキャリアビジョンを視野に入れて取り組む必要があります。一人ひとりがキャリアアップを目標とした上でプランを立案することで、大きなビジネスチャンスに結びつけることもできるでしょう。
もちろん描いたキャリアビジョンは実現することが理想的です。しかしながら、中長期的にビジネス環境の変化や自己のキャリア観の変化により変遷していくこともあります。そういった「変わってしまう」面を孕みながらも「ビジョンを掲げて取り組む」ことこそが自己の成長への原動力となりキャリアビジョンの実現に近づくことになるのです。

キャリアビジョンの設定方法

キャリアビジョンの設定に際し、未来へのイメージが漠然としていると、仕事に対して意義を求めることができません。また、社会に自分がどのように貢献するかというミッションを持っていないと、自分のすべきことを見失ってしまいます。曖昧な考え方は曖昧な行動の原因となるため、社員の成長を阻害してしまうのです。
社員のキャリアビジョンが明確になると、仕事に対する意識や業務のクオリティは格段に向上します。そのまま組織のレベルアップにもつながることから、軸がぶれないアイデンティティを持つことが重要なのです。

自己発見力育成プログラム(キャリアデザイン)の目的

本プログラムの目的は、社員に対して興味や関心、過去の経験を振り返ることで、価値観や考え方を明確にすることです。これまで自分自身の培ってきた経験やスキルを振り返り、自身の持つ潜在化された価値観や考え方を明確にします。自身の強みや弱みが理解できているか否かによって、次へ進むためのステップも変わってきます。また、自身の価値観や考え方が整理されることで、「自分が最もモチベーションを高く持てることは何か?」、「困難を乗り越えてチャレンジできることは何か?」といった動機要因を明確することが出来ます。これにより、進むべき方向への重要な示唆も見出すことができますし、仕事への責任感も醸成されます。
こうした自身の振り返りを行った上でキャリアプランを明確なものにし、具体的なプランの実現に向けた具体的な行動を促します。このことから、よりスムーズなビジョン共有ができるのです。

自己発見力育成プログラム(キャリアデザイン)の概要

本プログラムでは、自身の根底にあるキャリア・アンカーの明確化を図ります。キャリア・アンカーとは、キャリア理論における概念の1つであり、自身のベースとなる価値観や能力のことを言います。ビジネス・キャリアを形成していく中で指針にもなるもので、生涯にわたってその人自身の意思を決定付けていく要素になります。これを明確化することによって、将来へのビジョンを固めることができるのです。
過去~現在における自分自身の人生観や仕事観の振り返りを通して、キャリアビジョンに向けた具体的なキャリアプランの策定を行うのが本プログラムです。自身の向かうべき方向がより明瞭になり、具体的な次の行動を定められるようになるのです。
なお、私たちのキャリアプラン形成は、人生観や仕事観を見直しているため、プライベートとビジネスの両方を反映していくことになります。本プログラムの中では、そのための方法も習得していくため、日常生活を効率的に活かしてキャリアビジョンへの歩を進めることが可能となります。 また、一般的に行われているキャリア系の研修は、離職・退職後のキャリアパスも検討することが多くみられますが、本プログラムでは「経営からのメッセージ」を受講者に対して投げかけることにより、社内のキャリアに限定して検討させる(キャリアのゴールを社内に見出す)ことも可能な構成になっています。
更に、研修を受講する層を限定し、対象層に向けた「経営からのメッセージ」(期待している事柄や経営陣が対象層だった頃の思い等)を発信することで、組織の壁を越えたタテ・ヨコ・ナナメの関係の強化も併せて実現するという構成も可能となっています。

キャリア・プランの検討におけるフレームワーク

自己発見力育成プログラム(キャリアデザイン)で期待できる効果

本プログラムを通して期待できる効果は、以下の3つです。

  • 1.受講者が自身の動機要因を理解すること
  • 2.受講者が自身の強み・弱みを理解すること
  • 3.受講者が自身のキャリアプランを形成すること

更に、プログラムを通して自分自身の長所や短所を見直すことで、次なるステップアップのきっかけにもつながります。自分の行動の原動力となっているものは何か、自身を作り上げる根底にあるものはどのような考え方かを改めて振り返ることで、ガイドラインを自分の中で組み立てることができるでしょう。

実施概要 (例)

対象者 新入社員~若手社員
研修日程 1~1.5日間
適正人数 15~30名
実施形態 ワークショップ形式
実施料金 営業担当または弊社研修事務局にお問合わせください

受講者の声

  • 自分自身を振り返る大変良い機会になりました。特に自分自身の歴史を振り返ることで、自分自身の興味や関心の傾向を把握する事が出来ました。
  • 自身のキャリア・アンカーが明確になったのが良かったです。今後のキャリアを見直す際の参考にしたいと思います。
  • 新しい気付きだけでなく、自分自身の中での変化を認識する事が出来ました。ありがとうございました。
    • 導入事例

      株式会社ACCESS様

      マクロ目線とミクロ目線からアプローチすることで、 社員と会社の信頼関係を強化し、組織の一体感を高める

      詳細はこちら

経営者の方、人事担当者様、お気軽に一度ご相談下さい。

ネットからのお問合わせはこちら
お問合わせフォーム
お電話はこちら
03-6231-9505 9:00?18:00(土日祝日を除く)

ページの先頭へ