• ホーム
  • コンセプト
  • 商品・サービス
  • セミナー
  • 導入事例
  • 会社情報

商品・サービス SERVICE

MVVコンサルティング(ビジョン構築)|商品・サービス

企業にとって組織機能を最大限発揮するためには、組織とその構成員である社員が自立的に行動する状態を創り、組織を活性化する必要があります。そのためには前提として企業が持つ考え方や価値観を社員と共有する事が必要であり、換言すれば「企業が目指す方向性」や「企業活動を行う上での判断軸」を共有することが必要であると言えます。
しかし、具体的にはどのようにすれば社員が組織の価値観に共感し、それを共有してくれるのでしょうか。私たちは「MVVコンサルティング」により、貴社の社員が自立的に行動できるようなビジョン構築をご提案し、組織活性に貢献します。

特徴

社会的な現状のポジションと当面の戦略、長期目標といった事柄は、企業によって異なります。本プログラムは、貴社が持つ価値観を言語化し、社員に共有できるようなメッセージにします。また、言語化した考え方や価値観を社員と共有できるよう、最少回数で意思を伝えられるコミュニケーションパスを策定し、組織全体に浸透できるようにします。

コンセプト

本プログラムの目的は、組織が自立して行動できる状態を創出し、組織の活性化につなげることです。顧客・取引先や行政団体など、企業を取り巻く環境の中で、一番に価値観を共有すべきステークホルダーは自組織の機能を最大化する原動力となる社員です。企業が持つ考え方や価値観を社員と共有する事は、この目的を達成するためには必須だと言えます。

考え方や価値観を従業員と共有する意義

経営陣の考え方や価値観は、「企業が目指す方向性」や「企業活動の判断軸」、ひいては「企業の存在意義」を決めます。しかし、これらの考え方や価値観は、経営陣が考えるだけでなく、ステークホルダーと共有、共感を得ることで、はじめて組織に対して様々な意味と効果をもたらすものです。

なかでも、身近なステークホルダーである社員と考え方や価値観を共有することは、「企業が目指す方向性」や「企業活動の判断軸」を共有することにつながります。結果として、全社員が経営陣と同様の思考を身に付ける状態になり、組織の活性化にもなるのです。

ただし、企業理念は策定すればよいというものではありません。社員一人ひとりが具体的なメッセージとして受け取り、企業の存在意義や将来性、具体的な行動方針の指針になるものである必要があるからです。

考え方や価値観を従業員と共有する意義

プログラムの内容

経営陣の考え方や価値観を共有するには、「言語化」「伝達/意思疎通」「仕組み化」の3つが欠かせません。私たちはビジョン構築により、経営陣のメッセージを企業全体に浸透させるようお手伝いします。

【言語化】 価値基準の形成(伝達容易性の担保)
なかでも、言語化は価値基準を形成する上で最初の一歩です。企業それぞれが持つ考え方や価値観は、言語化(可視化)することで初めて共有・共感を促進することが可能になります。考え方や価値観が見えない(無形の)ままでは、社員がその考え方や価値観に常に触れることが出来ないだけでなく、振り返る事も、立ち返る事も出来ません。

ステークホルダーに対してメッセージを伝えることで、初めて共感や共有ができることから、最も重要な役割を果たすものなのです。

【伝達・意思疎通】 共通理解の醸成
次に、伝達/意思疎通は、共通理解を醸成するために必要なことです。一つの伝達事項があってもその意図が明確なものでないと、社員に対して間違った認識を与えてしまうこともあります。相手に意図を伝えるには、必ず発信する側がその意義や重要性を理解した上で、意思疎通を図らなければなりません。

考え方や価値観の重要性や意図を明確にせぬままに、社員に伝達してしまうと、個々の社員が考え方や価値観に対して異なった見解や理解をしてしまい、結果として考え方や価値観の共有に繋がりません。

【仕組み化】 浸透定着の促進
仕組み化は、すべてのステークホルダーへ考え方や価値観を浸透、定着させるために必要なことです。考え方を言語化して伝えても、それが広がらなければ意味がありません。社員一人ひとりがいつでも価値観を共有でき、常にそのメッセージに触れられる機会を設けることも重要です。

考え方や価値観を社員に上手く展開したとしても、それに継続的に触れる機会がなければ、形骸化してしまう、あるいは忘れ去られてしまい、結果として組織に浸透・定着しない事も少なくありません。伝達事項が形骸化しないよう、仕組みとして社内に浸透させることが肝要となります。

サービスの流れ

現状把握 インタビュー、ワークショップ、資料分析を中心に貴社の課題及びMVV領域における現状分析を行います。
 
概要設計 現状分析を踏まえて、言語化の形成様式や、考え方や価値観の共有及び定着化までのストーリー(コミュニケーションマップ)を策定します。
 
詳細設計 概要設計に沿って、貴社のビジョン・ミッション・バリュー構築から浸透定着までの諸施策を企画立案します。
 
実行支援 諸施策の実行推進を、貴社プロジェクトチームのご支援というかたちでサポートします。

関連サービス

企業DNA浸透・定着コンサルティング

導入事例

ソリマチ株式会社様

グループ全体で共有したい考え方・価値観の言語化を図り、100年以上継続する"強くて""おもしろい"会社作りを実現する。

詳細はこちら

株式会社株式会社ロイヤルコーポレーション様

価値観の言語化・共有を通して一体感のある組織を創る

詳細はこちら

株式会社WHRP様

伝えたい想いや価値観を人事制度を通じて言語化し、共有・浸透を実現する

詳細はこちら

経営者の方、人事担当者様、お気軽に一度ご相談下さい。

ネットからのお問合わせはこちら
お問合わせフォーム
お電話はこちら
03-6231-9505 9:00?18:00(土日祝日を除く)

ページの先頭へ