• ホーム
  • コンセプト
  • 商品・サービス
  • セミナー
  • 導入事例
  • 会社情報

商品・サービス SERVICE

教育研修施策内製化コンサルティング|商品・サービス

教育研修施策内製化コンサルティングでは、コスト削減にとどまらない、貴社の事業に沿った効果的な組織学習の実現を可能にします。
具体的には、経営理念および企業理念を基に求められる社員のあるべき姿を導き出します。そのあるべき姿に向けて、それぞれの社員に対し適切な教育研修とゴール地点を設け、個々の能力の整理と合わせて学習・研修プログラムを作成します。

研修効果を効果的に社内へ還元するためには

研修効果を効果的に社内へ還元するためには、実現・実践できる環境をあらかじめ用意しておく必要があります。
個々の能力が高まったとしても、身につけた能力を活用できる環境整備がされていなければ、研修効果を確認・継続することは難しいと言えます。
最大限の研修効果と結果を得るためにも、適切な研修内容の選択と学んだ内容を実践できる職場環境を整備することが必須となります。

研修内容の選択

貴社社員のあるべき姿や育成方針によって、OJTで実施するべきものとOFF-JTによって実現するべきものに分けることができます。OFF-JTで研修を実施するに当たっては、必須型や選択型、選抜型、自己研鑚など対象者を絞ることや問題・課題の解決を求めた内容をテーマにすることで、実施効果をより高めることができます。
なお、多く会社で研修内容の選択に失敗する際のポイントは以下が挙げられます。

※研修内容の選択に失敗する際のポイント

  • ネーミング(研修タイトル)によって研修内容を決定する
  • 自社が求める内容ではなく、研修会社が設定した目的・テーマのみで選択する
  • 実施方法の面白さ、目新しさで研修を決定する

研修の理解度について

研修内容は、受講者にとって要点が明確で分かりやすいものが大前提となります。
受講対象者と実施する研修内容の組み合わせによって、受講者の研修内容の理解度は変動します。
受講者のレベルと実施する研修内容にミスマッチが発生している場合、研修効果はほとんどないといっても過言ではありません。貴社人材のあるべき姿に沿って、どの受講層に、どのようなレベルのスキルを身につけさせるべきなのかを的確に判断することが重要です。
また、研修内容によって、レクチャー中心型かワークショップ中心型かなど、運営スタイルを選択することも必要です。

※研修の理解度に関して勘違いしやすいポイント

  • 研修会社が設定した対象層のままで研修を実施 (研修内容と受講者のミスマッチ)
  • 研修内容に沿わない運営スタイルの選択

学びの維持・継続環境の整備

研修において受講者が得たスキルや知識は、現場で活用する場面なくしては、定着・浸透しません。研修での学びを更に高めていくには、いかにアウトプットをする環境や場面を整備、創り出せるかが重要になってきます。
そこで、全社一丸となって、実務と研修を結びつける環境の整備を行うことが必要となります。
上記を実現することにより、教育研修改善を図りながら、自律的な組織学習を促す効果も得られます。

※学びの維持・継続環境の整備時に失敗しやすいポイント

  • 研修内容に関して上司・同僚・部下が理解していない
  • 研修内容と実務を結び付けて考えることができない
  • 研修後のフォローがなされていない

リマインドの効果(リマインドメールによる振り返り効果)

研修実施後のリマインドメールは、研修効果の持続と定着化を図ることを目的とし、記憶だけではなく体に染み込ませることができます。リマインドメールの配信日・配信回数については、実施した研修のテーマにもよりますが、一般的にはエビングハウスの忘却曲線などの理論を参考にし、適切なタイミングを設定し運用します。

ネットからのお問い合わせはこちら

電話番号03-6231-9505 9:00~18:00(土日祝日を除く)

教育研修施策内製化コンサルティングサービスについて

教育研修施策内製化コンサルティングは、大きく3つのフェーズから構成されます。
貴社のご状況に応じて、進め方は変わってきます。

■ フェーズ1 : 現状分析

インタビュー調査および資料分析から、以下の点を明らかにしていきます。

  • 各部門で業務上重視する能力等
  • 現行の育成施策で発生している事象や問題点(課題)等
  • 現状の人事制度関連資料、研修実績等
  • あるべき姿(理想)、一般的な方法等と貴社の実態とのギャップ

■ フェーズ2 : 育成体系・研修体系の構築

現状分析の結果を受けて、具体的な人材育成体系、研修体系の構築を行います。

  • 人材育成体系や研修体系、および研修コンテンツの具体化
  • 実施を見据えた人材育成プログラムの選定

■ フェーズ3 : 研修コンテンツの開発と社内講師の育成

内製で実施する研修コンテンツの開発と講師の育成を行います。

  • 研修コンテンツの開発
  • 社内講師の育成(トレーナーズトレーニング)

プロジェクトの開始と完了について

ご提案した内容に基づきプロジェクトが開始します。プロジェクトは貴社メンバーと弊社コンサルタントでプロジェクトチームを構成し進めていきます。プロジェクト成果や検証結果等に関するご報告を行い、最終納品物が承認されることでプロジェクトを完了する流れとなります。

対象領域

教育研修施策内製化コンサルティングの対象領域は以下の通りです。

「教育研修施策内製化コンサルティングの全体像(概要)」


コスト削減の実現だけでなく、組織開発や人材開発の観点から
「研修体系構築~研修品質管理」に至るまで一貫して支援致します。

導入事例

ニチバン株式会社様

教育研修内製化を通じて、企業の次世代を担う人財を育成する

詳細はこちら

藤田観光株式会社様

評価者研修内製化を通じてあるべきマネジメントのスキルを習得する

詳細はこちら

経営者の方、人事担当者様、お気軽に一度ご相談下さい。

ネットからのお問合わせはこちら
お問合わせフォーム
お電話はこちら
03-6231-9505 9:00?18:00(土日祝日を除く)

ページの先頭へ