導入事例 CASE STUDY

日立物流ソフトウェア株式会社

人材開発部 人材教育グループ

研修実施後の報告書は、会員専用のウェブサイトからダウンロードできるので、受講者の上司にも共有でき、職場でもOJTに活かすことが出来るようになりました。 インタビューイー

人材開発部 人材教育グループ
課長 浅尾仁根 様(写真右)・徳永岳史 様

サービス導入の経緯
高度化・多様化するお客様ニーズに対応するため、テクニカルスキルを下支えするコミュニケーション能力など、ヒューマンスキル向上が必要であった。また、研修が一過性に終わることなく定着浸透させる仕掛けとして、会員専用サイトから受講者個別の所見が掲載された研修報告書や、受講者が作成した行動目標のフィードバックを受けられる仕組みが効果的と考え導入に至った。
導入後の変化
1日じっくり時間をかけて議論を交わすなどして本格的な他流試合を体験し、受講者の満足度が高く、好評を得ています。フィードバックされた報告書などは、会員専用サイトからダウンロードして受講者の上司にも共有し、職場でのOJTに活かすことが出来ます。 加えて、アビリティマネジメントシステム®を用いた受講履歴の一元管理、及び、同システムのアンケート機能を用いた研修理解度テストを実施することにより、研修効果の持続を図っています。

アビリティマネジメントシステム®についてはこちら»

ネットからのお問い合わせはこちら

AGS株式会社

田嶋 清明 様

アクティベーションカレッジを導入したことにより、自社で開催する研修1回分の費用で、年間100名程度の社員が、様々な種類・内容の研修を受講出来るようになりました。 インタビューイー

人事部
田嶋 清明 様

サービス導入の経緯
近年、ITエンジニアには、高度なテクニカルスキルだけでなく、ヒューマンスキル系能力も求められるようになってきた為、同社ではIT系スキルの育成に加え、ヒューマンスキルの育成にも力を入れ始めていた。社員に学びの機会を提供することで、意欲的に学びたいという強い意志を持った社員に対する社員自身の能力向上を図るとともに、周囲の社員に対しても良い刺激を与えることを期待し、アクティベーションカレッジの導入に至った。
導入後の変化
アクティベーションカレッジの導入により、自社で開催する研修1回分の費用で、年間100名程度の社員が、様々な種類・内容の研修を受講出来るようになりました。研修に参加した社員からは、「演習が多く、体験しながら学べて良かった。」という声をよく聞きます。意欲的な社員が自主的に学ぶことで、周囲の社員にも良い刺激を与え、学習意欲の高い社員の輪が広がっていくことを期待しています。

ネットからのお問い合わせはこちら

東急建設株式会社

市毛 博和 様

アクティべーションカレッジに参加した中堅社員・管理職社員は、これまでの自身の仕事の仕方(マネジメント方法、コミュニケーションの取り方等)を振り返り、仕事に臨むことができるようになりました。 インタビューイー

人事部 人事第一グループ
市毛 博和 様

サービス導入の経緯
これまでに行っていた諸研修は、同社が社員に対して提供している最低限のものであり、社員に更なる成長機会を提供する為には、他の施策や取組みを実施したいと考えていた。やる気と意欲のある社員に更なる育成の機会を与えるとともに、今後同社を担っていく若手社員に「視野を広く持つ力」を身につけてもらうことを目的として、アクティベーションカレッジの導入に至った。
導入後の変化
アクティベーションカレッジに参加した中堅社員・管理職社員は、これまでの自身の仕事の仕方(マネジメントの仕方、コミュニケーションの取り方等)を振り返り、また新たな気持ちで仕事に臨むことができていると思います。また、最近では嬉しいことに、アクティベーションカレッジに参加した中堅・管理職社員達が、自身の研修体験談や参加した感想を部下達に共有し始め、若手社員の参加が徐々に広まってきています。今後は社員の自主的な参加が更に増え、学習意欲の高い社員が増えていくことを期待しています。