• ホーム
  • コンセプト
  • 商品・サービス
  • セミナー
  • 導入事例
  • 会社情報

ビジスキ一問一答 BUSINESS SKILL

マネジメントバイアウト(MBO)のメリットは?

2015/12/16

問題

マネジメントバイアウト(MBO)とは、子会社または事業部門の経営陣が、事業の継続を前提に、株主(現在の会社オーナー、親会社など)から株式を買い取り、企業のオーナーとなる手法です。
マネジメントバイアウトには株主の短期的な収益志向から逃れ、中長期的な視点で会社経営ができるなど、様々なメリットがありますが、次のうち、マネジメントバイアウトのメリットとして適切なものはどれでしょうか?

  • 1 現経営幹部(子会社、事業部門の経営陣及び幹部)が大株主になることで、現場の実態に近い経営方針や雇用方針を継続することができる
  • 2 MBOを行う企業の外部関係者が、経営に対して監視機能を強化することができる
  • 3 継承前の会社から継続的に受注できる



解答例









解答

2 現経営幹部(子会社、事業部門の経営陣及び幹部)が大株主になることで、現場の実態に近い経営方針や雇用方針を継続することができる


■解説■
「マネジメントバイアウト」とは、子会社または事業部門の経営陣が、事業の継続を前提に株主(現在のオーナー、親会社など)から株式及び経営権を買い取り、企業のオーナーとなる手法です。
買収資金は、新経営陣の個人的な資産、譲り受ける事業の資産などを担保とした金融機関からの借入、あるいは、ベンチャーキャピタルからの出資などがあります。
マネジメントバイアウトは、機関投資家などに対するIRコストの高騰、あるいは、敵対的買収からの回避策として活用される場合があります。また上場企業などが、短期的なマーケットの期待などの影響を受けずに事業再編などを行う場合に活用されるケースが多く、この場合には上場を廃止して非公開化する場合もあります。

研修でお悩みなら、アクティベーションカレッジへ!

  • アクティベーションカレッジ
  • 無料体験会

ページの先頭へ