Activation Strategy 組織活性化コンサルタントのコラム

コラムトップ > コンサルタントにとって最も重要な能力

コンサルタントにとって最も重要な能力

投稿日: 2013/09/26

テーマ:その他

コンサルタントに求められる主な機能や役割は大きく5つに分類されます。

【コンサルタントに求められる⑤つの機能と役割】

①経験提供
専門領域に関するコンサルティングなどを通して培われた経験を提供すること。

②品質保持
プロジェクトなどのプロセスに介入することで、それらの取り組みを活性化し、成果を導くまでのスピードや品質を向上させること。

③情報提供
ベンチマーク情報(業界・競合情報)、学術上の方法論など、通常では入手困難な情報を提供すること。

④外圧機能
第三者の立場から経営陣や従業員に圧力をかけ、変化・変革などの必要性の理解や奮起を促すこと。

⑤外注機能
膨大な作業や機密性の高い調査などをクライアントに代わって行うこと。

コンサルタントには、これらの機能や役割を果たすために、様々な能力が求められます。
例えば、

・コミュニケーション力
・ファシリテーション力
・プレゼンテーション力
・論理的思考力
・問題解決力

等々

これら何れもコンサルタントに求められる大切な能力といえます。

では、このようなスキルや能力が様々ある中で、最も重要なスキルや能力とは何でしょうか。

それは『あるべき姿を描く』能力であると私は考えます。

あるべき姿を描けなければ、クライアントからコンサルタントに求められる機能や役割を十分に果たすことはできません。

優秀なコンサルタントは、クライアントが考えている、あるべき姿を言語化してリアルに描きます。
卓越したコンサルタントは、クライアントが考えもしない目指したくなる、あるべき姿を描きます。

そして、それらのあるべき姿を実現するために、クライアントと渾然一体となって取り組む。

これがコンサルタントのあるべき姿だと私は考えます。

代表取締役社長 兼 CEO 大野 順也

ネットからのお問い合わせはこちら

電話番号03-6231-9505 9:00~18:00(土日祝日を除く)

チェック